iPhone

iPhoneSE2をレビュー|今からでも買い?買い替えでよくなること

iPhone8、7をお使いの方は、そろそろ買い替え時期ではないでしょうか?

iPhoneSE第2世代(以下iPhoneSE2)が買い替え候補になりえますよね。

  • iPhoneSE2は今から買うはアリ?
  • iPhone7/8→iPhoneSE2に変えるメリットはある?
  • 買うべきでない人は?

iPhoneSE2を検討しても、上記のことが気になって購入に踏み切れないケースもあると思います。

そこで本記事では上iPhoneSE2の気になるポイントも踏まえてレビューしていくのでお付き合いくださると嬉しいです。

今から買うのはアリ?

iPhoneSE2を今から買うのアリ。まずサラッとiPhoneSE2の概要をご覧ください。

iPhoneSE2の概要
  • 発売時期:2020年4月
  • 価格:49,280円〜(Appleストア)
  • 認証方式:指紋認証
  • 容量:64GB/128GB/256GB
  • 搭載チップ:A13チップ(iPhone13はA15Bionicチップ)
  • 大きさ・重さ:4.7インチRetina HDディスプレイ、148g
  • 色:ブラック/ホワイト/PRODUCT RED
  • ビデオ再生時間:13時間(iPhone7/8と同じ、iPhone8Plusより1時間短い)

(参考:Apple

今もiPhoneSE2が買いな理由

理由は4つ
  • 指紋認証が便利だから
  • 長く使えるiPhoneだから
  • e-SIMも使えるから
  • コスパよい

指紋認証が便利だから

マスクをつけることが多い今だからこそ、指紋認証は便利。

指紋認証の良さを感じるのは、やっぱり外出中。マスク生活中心の今、やはり指紋認証は強いと思います。

特に便利に感じるのは、スマホ決済、Apple Pay、ポイントカード提示の時です。

いちいちマスクをずらして、顔認証するのは自分は煩わしいと思ってしまいます。(Apple Watchがあれば顔認証しなくても便利に使えるようです)

顔認証iPhoneの方が明らかに高性能、特にカメラ性能。しかし、マスクをすることが多い今、顔認証のiPhoneは個人的に躊躇します。

その点、指紋認証のスマホは安心です。

同じ感想を持つ方もいます。参考までに(下記)

長く使えるiPhoneだから

iPhoneのソフトウェアアップデート期間は発売後5〜6年

iPhoneSE2は2020年発売なので、2025年まではソフトウェアアップデートのサポートが受けられると考えてよいでしょう。

補足

2016年3月に発売された初代iPhoneSEは最新iOS 15.1にサポートされています(2021年11月現在)

つまり、2021年iPhoneSE2購入しても今後4年は安心してiPhoneを使えます

コスパよい

コスパもよいiPhoneSE2。4年使うと年間コストは1万2450円です(最小容量64GB49,800円で購入し4年使う場合)

今型落ちのiPhone12mini(64GB)は年間コストを計算すると1万3960円(最小容量64GB69,800円を5年使う場合)。

やはりコスパを見るとiPhoneSEが断トツ

(価格はAppleオンラインストアの価格を参照しています。2021年11月時点)

本体価格も一番安い

本体価格の安さもメリット。iPhoneSE2はApple Storeオンラインストアでは49,800円。

Apple Storeで販売されている最安のiPhoneです。

そのため、初期費用を抑えたい方にはiPhoneSE2はおすすめですよ。

下記の口コミも参考にしてみてください。

e-SIMが使える

eSIMとは?

従来の物理SIM(現在nano-SIMが主流)とは異なり、物理的な形がない通信SIMのこと。eSIMで通信するためには、別途設定が必要

従来iPhone8以前のiPhoneでは主回線の他に回線契約するとき、もう一台スマホを購入する必要がありました。しかし、iPhoneSE2からはiPhone1台で2回線使えるように仕様変更になっています。

そのため、iPhone SE2は1台で2回線使いたい方、eSIMを試したい方にもおすすめです。

買い換えでよくなることは?

こちらではiPhone7/8→iPhoneSE2買い換えメリットをまとめました。結論をお伝えすると、買い替えメリットはメリットはカメラ機能の進化だと思います。

買い替えメリット
  • カメラ機能
  • その他

カメラ機能

iPhone8から進化したと感じたポイントは2つあります。

進化したポイント2つ

ポートレートモード搭載

写真画質が向上

ポートレートモードを搭載

ポートレートモードとは

被写体を強調し、背景はぼやかす仕上りの写真撮影モード。カメラ切り替えだけで”いい感じの写真”が撮れる

iPhone7/8との大きな違いは、iPhoneSE2はインカメラ・アウトカメラ両方でポートレートモードが使えるようになった点。

ただiPhoneSE2のポートレートモードは人物のみが対象。物や動物は対象として認識されないのでご注意ください。

iPhone7/8/SE2のポートレートモード

iPhone7,8,SE2のカメラ機能の概要は下記の表をご覧ください。

iPhoneSE2iPhone8iPhone7



インカメラ
画質


Face Time HDカメラ
7MPの写真
f/2.2絞り値
Retina Flash
写真の自動HDR
SE2と同じSE2と同じ
ポートレートモード××



アウトカメラ
画質シングル12MPカメラ(広角)
広角:f/1.8絞り値
広角手ぶれ補正
最大5倍のデジタルズーム
SE2と同じSE2と同じ
ポートレートモード××
参考)Apple

iPhone8Plusのポートレートモードとの比較

iPhone7/8Plusはアウトカメラでポートレートモード搭載。

残念ながらiPhone8Plusのポートレートモードは2メートル近く離れないと撮影できない。iPhone8Plusには確かにポートレートモード搭載でしたが、とても使いにくい仕様でした。

しかし、iPhone SE2のポートレートモードは8plusのポートレートモードと違い非常に使いやすい仕様に変更されました。

ポートレートモードが使いやすくなった理由

8Plus:撮影距離が2m必要

SE2:撮影距離1mでOK(通常のカメラと同じ距離で使える)

写真画質も向上

iPhone8PlusとiPhoneSE2比較して、写真は明るく撮影できるように進化しています。

夜間撮影では、iPhone8Plusと比較して照明部分の白つぶれも軽減されて”いい感じ”の仕上りです。

検証もしています(下記参照)

検証内容

  1. 日中(撮影条件◎)
  2. 日中・半日陰(条件条件○)
  3. 室内(条件△)
  4. 夜間(条件×)

撮影したiPhone:iPhoneSE2/iPhone8Plus・アウトカメラで撮影

日中(撮影条件◎)

撮影場所:日中・太陽光の下

1枚目iPhoneSE2,2枚目iPhone8Plus

↑iPhoneSE2アウトカメラで撮影
↑iPhone8Plusアウトカメラで撮影

建物の色に注目してみると、iPhoneSE2(上の写真)が明るく、iPhone 8Plus(下の写真)はくすんだ色に

空色も比べるとiPhoneSE2(上の写真)は鮮やかで、iPhone8Plus(下の写真)はややくすんだ青色に仕上がっています。

このように日中明るい場所で比較すると、iPhoneSEの画質の方が全体的に明るい仕上がりになります。

日中・半日陰(条件条件○)

撮影場所:屋外で半日陰、昼過ぎ

1枚目iPhoneSE2、2枚目iPhone8Plus

↑iPhoneSE2アウトカメラで撮影
↑iPhone8Plusアウトカメラで撮影

少し光が少ない半日陰だと、明らかな差がでます。

後ろの木、葉っぱに注目。iPhoneSE2(上の写真)は色彩が鮮明で鮮やか。対してiPhone8Plus(下の写真)だと暗くて、色彩が寂しい仕上がりになっています。

特に手前の低い樹木のみどり色はiPhoneSE2(上の写真)が明らかに鮮やかですよね。

このように、半日陰の条件では断然iPhoneSE2の方がきれいな写真が撮れます。

室内(条件△)

撮影場所:喫茶店、照明の色(黄色い照明下で撮影)

1枚目iPhoneSE2,2枚目iPhone8Plus

↑iPhone SE2アウトカメラで撮影
↑iPhone8Plusアウトカメラで撮影

テーブルの木目に注目していただくと、iPhone8Plus(下の写真)は黄色っぽさがより強調されています。そして 、iPhone SE2はワントーン明るい茶色に。

このケースでは、どちらも優劣つけがたい仕上がりになっています。

こんどう

意外にもiPhone8Plusの方が雰囲気があります!

夜間①(条件×)

撮影場所:夜間の屋外、駅前、照明少なめ

1枚目iPhoneSE2,2枚目iPhone8Plus

↑iPhone SE2アウトカメラで撮影
↑iPhone8Plusアウトカメラで撮影

右側建物の1階部分に注目!iPhoneSE2(上の写真)は照明部分もくっきり店内の様子が見えます。対してiPhone8Plus(下の写真)は照明部分が白で潰れして店内が真っ白。

次は同じく右側2階ディスプレイ部分。iPhone SE (上の写真)はぼんやりディスプレイの色が見えます。対して、8Plus(下の写真)は白つぶれして何も見えません。

このように、夜間の写真はiPhoneSE2方がきれいに仕上がります。

夜間②

撮影場所:夜間の駅前、屋外、照明多め

1枚目はiPhoneSE2,2枚目iPhone8Plus

↑iPhoneSE2アウトカメラで撮影
↑iPhone8Plusアウトカメラで撮影

左の建物に注目。iPhoneSE2(上の写真)は明るく写っています。対して、iPhone8Plus(下の写真)は暗く写っています。

次は左の建物の1階部分。iPhoneSE2は1階の店内がぼんやり写っているのに対し、8Plusは店内が白く潰れしてます。

照明部分の白つぶれ現象は、左建物の最上階の「個別教室のトライ」の文字も見比べても同様です。

このように比較するとiPhoneSEの方が夜間でも明るく比較するときれいな写真に仕上がっています。

iPhoneSE2の写真口コミ

iPhone SEのカメラの口コミは「いいかも!」という意見を多く見かけますが、「他より劣る」という意見も見かけます。

良い口コミ

悪い口コミ

注意点:ナイトモードがついてない

iPhoneSE2はナイトモード非搭載(ただ、夜でも照明がある場所ならそれなりには撮れます)

iPhoneSE2は照明のない場所では、まともな写真が撮れません。

今後、夜間ライトアップのない場所で写真・動画を撮る予定がある方はiPhoneSE2ではなくナイトモードを搭載した機種を検討してみてください。

ナイトモード搭載機種を検討すべき人
  • 夜写真を撮ることが多い人
  • 旅行・イベントの予定がある人
  • カメラにこだわりがある人

参考)ナイトモード搭載機種

iPhone11以降の機種がおすすめです。

気になる方は公式サイトをチェックしてみてくださいね。

iPhone13全機種iPhone12全機種iPhone11全機種参考)iPhoneSE2
ナイトモード(インカメラ)××
ナイトモード(アウトカメラ)×
参考:Apple公式サイト

その他

iPhone7/8からiPhoneSE2に変更すると追加される機能はこちらです。

追加される機能
  1. 予備電力機能付きエクスプレスカード
  2. Wifi6対応
  3. (iPhone7ユーザーのみ)高速充電機能、ワイヤレス充電(Qi)

予備電力機能付きエクスプレスカード

予備電力機能付きエクスプレスカードはバッテリー残量が少なく動作しない状態でも、Suicaを継続して使える機能です。(ただ自分で電源を落とすと、使えません)

予備電力機能付きエクスプレスカードが起動したところ↓

iPhoneSE2はホームボタンを押す
エクスプレスカードとキーの詳細
  • 支払いカード(Apple Payに指定したカード)
  • エクスプレスカードとして指定した交通系ICカード(Suica、PASMO)
  • エクスプレスモードがオンになっている学生証
  • エクスプレスモードがオンになっているリゾートパス
  • エクスプレスモードがオンになっている車のキー

(参考:Apple公式)

注意点

予備電力付きエクスプレスカードが使えるのは「5時間」

早めに充電するようにしてください

Wifi6対応

WiFi6は、最新WiFi規格です。Wifi6は、従来よりも高速、省エネである、混雑に強い特徴があります。快適な通信ができることが最大のメリット。

ただし、Wifi6の恩恵を受けるにはお使いのWifiルーターがWifi6に対応している必要があります。ぜひ一度ご自宅のWifiルーターを確認してみてください。

高速充電機能、ワイヤレス充電

iPhoneSE2にはiPhone7になかった「高速充電機能」「ワイヤレス充電」が使えるようになっています。

ただし、高速充電、ワイヤレス充電を利用するには、対応した機材の購入が必要なのでご注意ください。

補足

高速充電、ワイヤレス充電機能が追加されましたが、今まで使っていた充電器も同じように充電に使えるのでご安心ください

使えます。

関連記事「Coming soon」

iPhone SE2買うべきでない人

iPhone SE2を買うべきでない人はこちらです。

iPhoneSE2を買うべきでない人
  • 写真・動画を最高画質で残したい人
  • iPhone7/8の画面サイズに不満がある人
  • iPhone7/8のバッテリー持ちに不満を感じている人
  • 荷物を増やしたくない人

写真・動画を最高画質で残したい人

iPhone SE2はコスパの高いiPhone。iPhoneSE2は写真や動画は手軽にきれいに残せるものの、上位モデルと比較するとカメラ性能に弱点があります

カメラ性能に求めるものが多い場合、iPhoneSE2に不満が残ることもあります。購入前に、特にカメラスペックや口コミをごチェックしておきましょう。

上位機種との比較表を作ってみたので、ご覧ください(iPhoneSE2の弱いところは赤字でチェック済)

iPhone13ProiPhone13/miniiPhoneSE2
インカメラTrueDepthカメラ
12MPの写真
f/2.2絞り値
Retina Flash
写真のスマートHDR 4
フォトグラフスタイル
TrueDepthカメラ
12MPの写真
f/2.2絞り値
Retina Flash
写真のスマートHDR 4
フォトグラフスタイル
Face Time HDカメラ
7MPの写真
f/2.2絞り値
Retina Flash
写真の自動HDR
アウトカメラPro 12MPカメラシステム
・広角:ƒ/1.5 絞り値
・超広角:ƒ/1.8 絞り値
・望遠:ƒ/2.8 絞り値
センサーシフト光学式手ぶれ補正
3倍の光学ズームイン、2倍の光学ズームアウト、
6倍の光学ズームレンジ
最大15倍のデジタルズーム
デュアル12MPカメラシステム
広角:ƒ/1.6 絞り値
・超広角:ƒ/2.4 絞り値
・望遠:なし
センサーシフト光学式手ぶれ補正
2倍の光学ズームアウト
最大5倍のデジタルズーム
シングル12MPカメラ
・広角:f/1.8絞り値
超広角:なし
望遠:なし
光学式手ぶれ補正
最大5倍のデジタルズーム
ポートレートモード○(ナイトモードのポートレートも可能)
ナイトモード×
4K動画撮影×
シネマティックモード×
Apple Store価格122,800円〜 86,800円〜 49,800円〜
(参考:Apple 2021年11月時点)
補足:f値について

f値が小さいカメラほど明るい仕上がりになる

iPhoneSE2の写真・動画画質に不満の口コミ

カタログスペックも大事ですが、使ってみた実際の声もチェックしておきましょう。

SE2の画質に不満を感じる声もありました。下記をご覧ください。

画面サイズに不満がある人

iPhoneSEはiPhone7/8と同じ4.7インチの画面サイズ。

今iPhone7/8の画面サイズで不満なら、大きめのiPhoneを検討すべきです(参考:下記表)

iPhoneProMAXiPhone13/iProiPhone13miniiPhoneSE2
画面サイズ6.76.15.44.7
(参考:Apple公式)

店頭で必ず実物チェックを

注意点は当たり前かもしれませんが”画面サイズの大きさ=iPhoneの大きさ”という点。必ずお近くの電気量販店に行ってみてください。

  • サイズは操作しやすいやすい大きさか?
  • 重さすぎないか?

この2つは必ず店頭でチェックしてみてください。iPhoneは常に触るもの。数年はお付き合いする相棒ですから、後悔のないiPhoneを選びましょう。

バッテリー持ちに不満を感じている人

iPhone SE2、iPhone7/8ともに「ビデオ再生時間13時間」(参考Apple公式)。そのため、iPhoneSE,iPhone7/8のバッテリー持ちは同じ。

今お使いのiPhone7/8のバッテリー持ちに普段から不満があるなら、iPhone SE2にも不満が残ります。もしバッテリー持ちを優先するなら、iPhoneSE2ではなく他の機種を検討するのがおすすめです。

上位機種のビデオ再生時間を表にしてみたのでご覧ください。バッテリー持ちの目安になると思います。

iPhoneProMaxiPhone13ProiPhone13iPhone13miniiPhoneSE2
ビデオ再生時間最大28時間最大22時間最大19時間最大17時間最大13時間
(参考:Apple公式)

荷物を増やしたくない人

iPhoneSE2はバッテリー容量が小さい機種。経験上、外出時はモバイルバッテリーを携帯しておく方が安心です。

そのため、荷物を増やしたくない人には不向きなiPhoneです。

  • 「外出の時は荷物は最小限にしたい」
  • 「身軽で動きたい」

もし当てはまるのであれば、iPhoneSE2でなくバッテリー持ちがよい上位機種をご検討ください。

iPhoneSE2がおすすめな人

iPhoneSE2がおすすめな人は「買うべきでない人」の反対です。

iPhoneSE2がおすすめな人
  • 写真・動画に多くを求めない人
  • 小さいiPhoneが好きな人
  • 外出が少ない人
  • モバイルバッテリー持ち歩ける人

写真・動画に多くを求めない人

iPhoneSE2はコスパよく手軽にきれいな写真が撮れるところがメリット。ただし、きれいに見えても品質・カメラ機能は最新機種やProモデルと比較すると見劣りします。

そのため、iPhone SE2は写真品質・機能に多くを求めない方向け。その点を理解した上で購入する方が後悔のないお買い物ができます。

小さいiPhoneが好きな人

iPhone SE2は、手の小さい方も、ディスプレイの上から下まで指の届くサイズ感

重さも148gと最近のiPhoneの中では軽量です。

私も大きいiPhoneからSE2に変更。片手操作のしやすさ・軽さに感動しました。

やはり手のサイズに合ったiPhone選びは大切。

大きいiPhone,重いiPhoneに疲れた方は、ぜひ店頭でチェックしてみてください。

外出が少ない人

iPhone SE2はバッテリーの持ちは、外出先でフル稼働すると1日持たない可能性もあります。

逆を言うと、在宅勤務の方や家で過ごすことが多い方にとってはバッテリーの持ちが弱いSE2でもさほど気になりません。

そのため、iPhoneSE2は外出頻度が少ない方、在宅勤務が多い方、充電できる環境で過ごすことが多い方にはおすすめなiPhoneです。

モバイルバッテリーを持ち歩ける人

そして、モバイルバッテリーを持ち歩ける人ならiPhone SE2はおすすめ

その理由はiPhone SE2はバッテリーが弱さを補うにはモバイルバッテリーが必須だからです。

デメリットとして、荷物が増える、充電管理の手間が増えます。

このデメリットを受け入れられる方であれば、iPhone SE2はおすすめです。

まとめ

  • PhoneSE2は今から買うはアリ?
  • iPhone7/8→iPhoneSE2に変えるメリットはある?
  • iPhoneSE2を買うべきでない人は?
  • iPhoneSE2がおすすめな人は?

上記の内容で解説してきました。

iPhoneSE2をご検討の方のお役に立てたら嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA