副業

【2022年最新】ポイ活にマクロミルがおすすめ?6ヶ月間使ってわかったメリット•デメリットまとめ

スキマ時間で何かできたら、、ということはありませんか?

ポイ活情報があふれていて、何から始めていいか戸惑いますよね。

マクロミルに興味があるなら、かなりおすすめできるポイ活のひとつ。

その中でもマクロミルは有名で安全に使えるアンケートサイトです。

マクロミルは怪しくない?使いづらいのでは?というご不安もあると思います。

でも、私もマクロミルを半年以上使ってみて、マクロミルは安心して使えるアンケートサイトでした。

実は私マクロミル以外に7つのアンケートサイトに登録。毎日欠かさずアンケートに答え続けました。

利用してみるとアンケートサイトの中でも、マクロミルはおすすめです。

「マクロミル気になる、、!」あなたは、最後まで見てくださいね。

マクロミルに登録する

マクロミルの運営は東証一部上場の会社

マクロミル、初めて聞いたよという方向けにマクロミルを運営している会社に少し説明させてください。

マクロミルは20年以上の歴史と実績

マクロミルは20年以上の歴史と実績があるマーケティングリサーチ事業を生業(なりわい)の企業です。

マクロミルは東証一部上場しています。

社会的信用がある会社なので、安心して利用できますよ。

社名株式会社マクロミル (英文社名:Macromill,Inc.)
設立年月日2000年1月31日
所在地[本 社]
〒108-0075 東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー 11F 
ポリシーマクロミルは「企業と消費者の、より密接なコミュニケーションの実現」と「誰もが手軽に使えるマーケティングリサーチシステムの提供」を目指します。
資本金1,062百万円 ※2021年6月期
連結売上収益43,175百万円 ※2021年6月期
従業員数連結:2,774名 ※2021年12月末時点
単体:1,137名 ※2021年12月末時点
上場証券取引所東京証券取引所プライム市場(証券コード:3978)
マクロミル独自パネル130万人(2020年8月時点)
(参考:マクロミル

マクロミルはプライバシーマークを取得済

マクロミルの利用者の個人情報は第三者機関によって厳しい審査を受け、適切な環境下で管理されています。

高度な通信技術を採用

マクロミルは万全のセキュリティのもと運営されています。

秘密はマクロミルの通信方式。SSL・TLS暗号化通信が採用されているので、私たちの情報は強固に守られます。

つまり安心して利用することができますよ。

モニタの皆様が会員登録やアンケート回答をする際の個人情報はSSL/TLSにより暗号化され、万全のセキュリティシステムのもとに情報のやりとりが行われます。

引用元:マクロミル

登録・利用も無料

マクロミルはモニター登録も利用も全て無料です。

だから安心して使えます。

次はマクロミルの特徴について触れていきますね。

マクロミルの特徴

マクロミルのサービス概要
  • マクロミルはポイ活初心者におすすめのアンケートサイト
  • 貯まったポイントは1ポイント=1円で交換できる
  • 交換手数料は0円!貯めたポイントがムダにならない

ポイ活初心者さんにおすすめの理由

理由はこちら
  1. 1ポイント=1円でとてもわかりやすい
  2. 交換手数料0円
  3. 広告が表示されないからサクサク答えられる

1ポイント=1円

1ポイント=1円は、わかりやすいですよね。

他のポイントサイトやアンケートサイトでは、1ポイントが0.1円、0.5円など初めてだと戸惑うレートを採用していることもあります。

マクロミルのように「1ポイント=1円」。

ポイント交換のときには、混乱せずに使い続けることができます。

交換手数料はすべて無料

マクロミルで貯めたポイント。マクロミルからの交換手数料は無料です。

だから安心してポイントを貯めることができます。

気になるポイント交換先は現金、ポイント、商品交換など

ポイント交換先が多いので「ポイントの使い道がなくて困った、、、」ということはないのでご安心ください。

マクロミルはポイント交換時、交換後の使い道も多いのでどんな方にもおすすめできるアンケートサイトです。

銀行6行なら振込手数料がかからない

マクロミルのポイントは現金に交換できます。手数料はかかりません。

理由はマクロミルが銀行振込手数料を負担してくれているから

だから銀行振込も安心して利用できます。

ただし直接現金振込手続きができる、無料は下記6行のみ。

覚えておくと便利ですよ。

手数料無料で現金が受け取れる銀行6行
  1. 楽天銀行
  2. PayPay銀行
  3. 三菱UFJ銀行
  4. ゆうちょ銀行
  5. 三井住友銀行
  6. みずほ銀行

(参考:マクロミル)

こんどう

上記以外の銀行はPeXG- Point(ポイント交換サイト)を経由すると銀行振込が可能です。

初心者でも続けやすい

続けやすい仕組みはコレ
  • ポイントが貯まりやすくポイント交換までが早め
  • アンケート回答数によりランクアップモチベーションアップ
  • 広告が表示されないからストレスフリー

最後だけ補足ですが、マクロミルのアンケートは広告が一切表示されません。

広告が邪魔して回答しずらいな、と感じることはありませんか?

マクロミルは広告表示が一切ないので余計なストレスがありません

広告がうっとうしいな、、と思ったことがあるあなたにおすすめですよ。

マクロミルでポイ活する4ステップ

イメージ画像1

マクロミルでポイ活するための4ステップはこちら

4ステップ
  1. 無料モニター登録
  2. アンケートに答える
  3. ポイントが貯まる
  4. ポイントは現金やポイントへ

マクロミルモニタ新規登録

マクロミルPC登録画面
出典:マクロミル

なおモニタ登録条件もあるので、一度ご確認ください。

モニター登録条件
  • 日本在住の6才以上の人、なお未成年の場合は親権者・代理人の同意を得ることが条件
  • 登録情報を虚偽、誤記をせずに正しく申告すること
  • 市場調査会社の方・広告代理店業に該当しない人
  • 登録は一人一つまで(複数登録は規約違反
  • 過去に規約違反していない人
  • 反社会的勢力等、関与していないこと

(参考:マクロミル,モニタ規約)

マクロモニタ新規登録はメールアドレスかソーシャルアカウント

マクロミル新規登録はメールアドレスで登録できます。

もしくはソーシャルアカウントからも登録できますよ。

メールアドレスで登録する場合はフリーメールアドレスがおすすめです。

登録できるソーシャルアカウント
  • LINE
  • Twitter
  • Facebook
  • Google
  • Yahoo!

登録前に準備しておきたいこと

登録前に準備はパスワード2つ、連絡の取れるメールアドレスです。

準備しておくと新規登録と詳細情報登録のときに慌てなくて済むからです。

登録前に準備するもの3つ
  1. 1個目のパスワード(ログインで使用するため)
  2. 2個目のパスワードポイント交換時、登録情報変更、年1回の登録情報更新・ポイント有効期限延長手続きで使う)
  3. 連絡の取れるメールアドレス

1つ目パスワードは1ページ目の新規登録画面で使います。

次回以降のログインのときに利用するので必ずパスワードは控えておきましょう。

プライバシーポリシ・モニター規約に同意したら「新規登録」で登録完了。

2つ目のパスワードは「詳細情報」登録ベージで

2つ目のパスワードは「詳細情報」の登録ページで使います。

「詳細情報」を入力するページで必要項目を入力し、あらかじめ決めておいたパスワードを入力しましょう。

ここで入力するパスワードは「第2パスワード」と呼ばれます。

第2パスワードは「ポイント交換」「登録情報変更」「年1回の登録情報更新・ポイント有効期限延長手続き」のとっても大事なときに使うので絶対に忘れないよう管理しましょう。

こんどう

ノートや手帳など絶対になくさないものに控えておくのも選択肢ですね

連絡の取れるメールアドレスは認証に必要

すべての項目を入力し「利用開始確認メールを送信」をタップすると、認証URLあるいは認証コードがメールアドレス宛に届きます。

1、Web上で登録した場合はメールに届いたURLをクリックしたら登録完了

2、アプリは認証コードが届きます。アプリに「認証コード」を入力したら登録完了です。

アンケートに答えていく

スマホでマクロミルを見たときのMyページはこちらです。

上から「現在のランク」「現在のポイント」「本アンケート」「事前アンケート」「パートナーアンケート」です。

画像はマクロミル6ヶ月目のMyページのスクリーンショットです。

マクロミルスクショ1
↑マクロミル取り組み始めて6ヶ月後のマイページ(スマホ)
補足

アンケートのグレーになっている部分はスマホで回答できません

PC・タブレットで回答可能です。

配信されるアンケートは3種類

配信されるアンケートは大きく分けて3種類。Webアンケート、座談会、商品モニターの3つです。

配信頻度抽選獲得ポイント
Webアンケート多い(8〜9割)なし少なめ
座談会少なめありすごく多い
商品モニター希少ありすごく多い

アンケートモニターといえばWebアンケートのイメージが強いではないでしょうか。

Webアンケートをやってみて感じたメリットとデメリットはこちらです。

Webアンケートのメリットとデメリット
メリットデメリット
Webアンケート○回答後ポイント付与
○1通5分以内で手軽
○アンケート配信数が安定
○時間指定なし,自分のペースで回答できる
○顔出し不要
○ポイント少なめ
○早めに締め切られるアンケートもある
○同じジャンルのアンケートが配信されることがある
○回答形式が同じなので飽きるかも

個人的にはWebアンケートは好きで続いています。

Webアンケートのデメリットは1回答あたりのポイントが少ないこと。

こんなに少ないのは無理という人もいらっしゃると思います。

もし、1度でたくさんのポイントを貯めたいなら座談会や商品モニターがおすすめです。

Webアンケートも続ければ、、、

Webアンケートは毎日3〜10通ほど配信されるので、コツコツ回答していけば着実にポイントが貯まります。

「コツコツ作業するのが好きな人」「ポイントが貯まっていくのを楽しめる人」はWebアンケートはおすすめです。

1回答あたりのポイントが少ないといえど、続ければ数ヶ月後には一人で豪華ランチに行けるぐらいの額は貯められますよ。

こんどう

私もマクロミルのWebアンケートだけで6ヶ月で4,000ポイント以上獲得しています。きっとあなたも、、

Webアンケートが向いている人は?
  • コツコツ作業するのが好きな人
  • ポイントが貯まるのを楽しめる人
座談会・商品モニター

座談会・商品モニターのメリットとデメリットもまとめておきますね。

メリットデメリット
座談会○当選すれば高額ポイント
○自分が興味のあるジャンルに応募できるので飽きない
○普段と違う環境で話ができる
○抽選に外れることもある
○応募して終わりではなく、当選連絡を待つなど心理的ハードルがある
○日時指定・場所指定があり、基本的には相手の都合優先
○住む場所により座談会に応募しにくい
○顔出しが必要
商品モニター○当選すれば高額ポイント
○自分が興味のあるジャンルに応募するので飽きにくい
○無料で商品を試せるかもしれない
○抽選に外れることもある
○応募して終わりではなく、当選連絡を待つなど心理的ハードルがある
○日時指定など相手の都合優先になる

座談会や商品モニターのメリットは当選すれば高額なポイントが付与されるところです。

うん、夢がありますよね。

座談会・商品モニターのデメリットと対策

座談会・商品モニターの共通のデメリットは抽選で外れることもあること。

そのため座談会を狙うならマクロミルだけに執着せず他のサイトと併用し、応募数を増やす対応が一つ考えられることでしょうか。

競争がはげしいのはこちらのコメントでも伝わりますね、、、(下記参照)ちなみに私も全敗です

予定が動く可能性がある人は注意

そんなの当たり前だろ。と思うかもしれませんが、先々の予定が決められてしまうデメリットもあります。

特に予定が変わる可能性のある働き方をしている人や子育て中の方はマッチしない可能性もあるので、覚えておいてください。

私も経験のために応募しましたが「抽選結果を待つ時間がしんどい」「先々の予定が動かせなくなる」ことが苦痛に感じてしまい、私には合いませんでした。

以上を踏まえて座談会・商品モニターに向いている人を考えてみました。

座談会・商品モニタに向いている人は?
  • 一気に稼ぎたい人
  • 落選にめげずに応募し続けられる人
  • 先々の予定が変わることがあまりないライフスタイルの人

以上のように「Webアンケート」「座談会」「商品モニター」をみてきました。

それぞれ人によって合う合わないがあります。ご自身に合うものをご検討ください。

ポイントが貯まる

アンケート取り組むと徐々にポイントが貯まってきます。

マクロミルはポイント交換は初回だけは300ポイント。(2回目以降は500ポイントになります)

300ポイントは比較的簡単に達成できるラインですので、アンケートサイトを初めて利用する人でも楽に達成できますよ。

成果が出やすいから、また継続しやすくなるわけです。

SNS上にコツコツポイントを貯めているマクロミルユーザーの声がありました。参考にどうぞ。

ポイントを現金やポイントに換える

マクロミルのポイントは1ポイント=1円の価値があります。

メリットは全てのポイント交換に手数料が一切かからないところ。利用者には非常にうれしい設計ですよね。

ポイント交換は初回は300ポイント、2回目以降は500ポイントに達したら交換可能です。

ポイント交換先はいくつかあるので一覧にしてみました。

ポイント交換先特徴交換タイミングメリットデメリット
商品交換常時5000点以上と商品交換1週間前後〜送料込みの価格表示通常価格より割高なことがある
現金銀行振込毎月月末締め切り、翌月20日〜末日振込マクロミルが振込手数料を負担

振込の上限額なし
銀行振込できる銀行は楽天銀行、PayPay銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行の6行のみ
ゆうちょ銀行のみ1,000ポイント以上で交換可能

その他の銀行で現金にする場合はG-pointもしくはPexを経由する必要あり
Amazonギフト券Amazonのショッピングなど毎月末締め切り、翌月20日〜25日目メール発送上限金額なしPexを経由した方が2%お得
dポイント使いやすい共通ポイント即時300ポイントから交換可能1日交換上限1,000ポイントの制限がある
PayPayポイント使いやすい共通ポイント即時300ポイントから交換可能1日交換上限1,000ポイントの制限がある
Pexポイントポイント交換サイト

Pexポイント交換先は35種類※のポイント・電子マネー、マイレージなど

【1円=10Pexポイント】
申し込み完了後7日以降Pexポイントの交換先が豊富1日交換上限1,000ポイントの制限がある

Pexポイントから他のポイントに交換で手数料がかかることがある

Pexを経由するので時間がかかる
G -pointポイント交換サイト

G-pointは交換後100種類以上※のポイント・電子マネー、マイレージと交換できる

【1円=1G】
毎月月末締め切り、翌月15日〜末日の振込交換上限なし

G-point交換後の交換先が豊富
Gポイントから他ポイント交換で手数料が発生する

Gポイントを経由するので手間がかかる
仮想通貨Coincheckで仮想通貨と交換
【ビットコイン/イーサリアム/リップルの3種】
即日手軽に仮想通貨に交換できる1日交換上限は5,000ポイントの制限がある

交換できるコインの種類は限られている

Coincheckの口座がない人は新たに口座開設が必要
寄付日本赤十字社、UNICEF、国境なき医師団などから1円分から寄付できる不明1円からポイントを利用できる

社会貢献
交換上限5,000ポイントの制限がある
(参考:マクロミル
※2022年7月時点で確認済みのものを記載しています

次は他のアンケートサイトと比べた場合のマクロミルのメリットとデメリットを考えていきます。

マクロミルでポイ活するメリット

メリット3つ
  • ポイントが貯まりやすい
  • アプリが直感的で操作しやすい
  • ランク制度がある

ポイントが貯まりやすい

マクロミルは他のアンケートサイトと比べ、平均的〜やや高めの報酬です。

アンケートの配信頻度も私が経験したサイトの中でトップクラス。

数あるアンケートサイトの中で、マクロミルはポイントが貯まりやすく総合力の高いアンケートサイトです。

他のアンケートサイトとの比較

冒頭でお話しした通り、同時並行で7つのアンケートサイトを利用してみました。

独断と偏見が入りますが、マクロミルと他の有名アンケートサイトの比較はこちらです。

マクロミルinfoQipsos(海外アンケート)Cueモニターリサーチパネル
1アンケートあたりの平均報酬平均〜高平均〜高
アンケート配信頻度ほぼ毎日ほぼ毎日週に1〜2通週2〜3通ほぼ毎日
アンケートの答えやすさ
サクサク答えられる

配信されるのは国内アンケートでアンケート品質が安定
サクサク答えられる

国内・海外問わず数多くのアンケートが用意されている
海外アンケートのため、日本語に違和感があるときがある

回答には慣れが必要
サクサク答えられる

配信されるのは国内アンケートで品質が安定
サクサク答えらえれる


国内・海外問わず数多くのアンケートが用意
アプリ×(※偽アプリに注意!)×
広告なしなし,アンケートによってありなしなしなし
評価アンケート配信が安定

バランスがよく初心者にもおすすめ
アンケートに波があるがアンケート数が充実

メインで使いたいアンケートサイト
報酬はとても高いが配信頻度が少ない

サブにおすすめ
報酬はとても高いが配信頻度が少ない

サブにおすすめ
アンケート数はトップだが報酬が低め

サブのサブに、、、
6ヶ月続けたら・・・4000円前後4000円前後1000円前後1000円前後3000円前後

※infoQの公式アプリは2022年7月現在ありません。公式アナウンスでは2020年6月にアプリを終了しています。偽アプリにはご注意ください。

平素よりinfoQをご利用いただき、ありがとうございます。この度、誠に勝手ながら2020年6月30日をもってinfoQのアプリサービスを終了させていただきます。

引用元:infoQ

アプリが直感的で操作しやすい

マクロミルのアプリは、とても使いやすいです。

やさしい色合いもGOOD。

アンケート終了時にキャラクターが出現することがあります。出てきた瞬間なごみます。

ランク制度がある

ランク制度もモチベーションが上がります。

ホームの左側に常時表示されるアイコンがどんどん豪華になっていきます。

マクロミルのデメリット

マクロミルのおすすめのアンケートサイトと申し上げてきましたが、やはりデメリットもあります。

使ってみて感じたデメリットはこちらです。

デメリットは2つ
  1. 銀行振込できる銀行が限られる
  2. ポイント交換まで時間がかかる場合がある

銀行振込できる銀行が限られる

私が唯一不満に感じるのは銀行振込できる銀行が限られていることです。

現状だとマクロミルからの銀行振込に対応しているのは6つの銀行のみ。

銀行振込に対応している銀行(再掲)
  • 楽天銀行
  • PayPay銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行

銀行振込

上記以外で銀行振込で受け取りたいときは、PexもしくはG-pointのポイント交換サイトを利用するしかありません。

PexもしくはG-pointを経由して上記以外の銀行に振込もできます。

しかし、素直にそのまま手続きを申し込むと手数料が10~30%程度かかってしまう点が残念です。

Pex、G-pointは手数料還元キャンペーン実施

両サイトとも手数料を実質軽減もしくは実質無料にするキャンペーンを随時実施しています。

しかし、また手数料を無料にするために何かするのも面倒ではないでしょうか?

少なくとも私は面倒だな、って思います。

振込ではなく他のポイント交換を検討すべきか、、、

せっかく貯めたポイントですから損するなら、手数料がかからないポイントなどに交換するのも、一つの手間も知れません。

マクロミルからの申し込みなら、Amazonギフト券、dポイント、PayPayマネーライトならば手数料はかかりません。

ポイント交換サイトを利用するなら下記を検討してみてはいかがでしょうか?

Pexで手数料0円ルート例
  • Amazonギフト券【980Pexポイント=Amazonギフト券100円分】
  • QUOカードPay【2,000Pexポイント=207円分】
  • Appleギフトカード【1,200Pexポイント=120円分】

(参考:Pex

G-point手数料0円ルート例
  • スターバックスカード入金【100G=100円分入金】
  • WAONポイント【100G=100ポイント】
  • ネットショップビックカメラ.comポイント【100G=100ポイント】

(参考:G-point

ポイント交換まで時間がかかる場合がある

システム上やむを得ないのですが、ポイント交換まで1ヶ月ほど時間がかかる場合があります

特にAmazonギフト券と銀行振込、G -pointは「月末締めで翌月払い」というシステムを採用しています。

なのでAmazonギフト券と銀行振込、G -pointの3箇所急いでポイント交換したい時に選ぶべきではありません。

なので上記交換先のマクロミルのポイント交換は計画的に

時間がかかるポイント交換先(再掲)
  • 銀行振込:毎月月末締め切り、翌月20日〜末日振込
  • Amazonギフト券:毎月末締め切り、翌月20日〜25日目メール発送
  • G -point:毎月月末締め切り、翌月15日〜末日の振込

デメリットは以上の2つです。

まとめ

今回はこちらの内容でお話を進めてきました。

  1. マクロミルは安心して使えるサービスである理由
  2. マクロミルをポイ活初心者さんにおすすめできる理由
  3. マクロミルのメリット・デメリット
  4. かしこいポイントの使い方

マクロミルはどなたでも安心して使えるアンケートサイトです。

検討いただければ幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

マクロミルに登録する

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA