暮らし

au解約した話|手続きに必要なもの•当日の流れ•事前準備まとめ

タイトル通り、先日au解約してきました。

実際に解約となると、持ち物、注意点など気になることも多いですよね。

この記事は解約手続きに必要なもの、当日の流れ、準備することなどまとめてみました。

解約を検討している方は最後まで是非チェックしてみてくださいね。

au解約手続きに必要なもの

解約に必要なものは下記の3つです(au公式ページより)

  1. 印鑑
  2. 本人確認書類
  3. 契約中のau電話機本体(できるだけ)

(参考:au

本人確認書類・auスマホ(印鑑不要)

キャリアショップで必要事項の説明を受けた経験をお持ちですか?

タブレットにサインした覚えはありませんか?

そうなんです。

今は書類にサインではなく、タブレットにサインの流れです。

もちろん、今回の解約手続きでも印鑑は不要でした。

こんどう

印鑑廃止の時代ですものね

解約手続きはauショップ

auショップに行く必要があります。

来店の方法は下記の2つ。

  1. 予約なしで行く
  2. 来店予約して行く(予約は翌日〜)

電話やWebでは解約できない

私は予約が面倒なので、予約なしでauショップに行きました。

こんどう

短時間で済ませたい方は来店予約がおすすめです

auショップ来店予約の手順

来店予約はWeb予約が便利です。

来店予約できるのは翌日から2週間後

  1. 検索でauショップを選ぶ(検索ページはこちら
  2. auIDでログイン
  3. 必要事項入力
  4. 予約確定

(参考:au)

参考動画

参考動画もこちらにございますので、どうぞ。

au解約当日の流れ

所要時間は30分程度でした。

  1. 受付
  2. 本人確認(免許証の提示、電話番号)
  3. 契約情報確認(端末残債、オプション)
  4. 必要書類の確認してサイン
  5. 書類控えを受取
  6. 解約完了

解約完了すると、auの電波が切れます。

書類を受け取る前には圏外になりました。

実際の画像こちらです。

auショップ窓口で支払いは発生しない

解約すると解約違約金が発生しますが、窓口で支払いはありません。

解約違約金は、翌月に合算で請求されます。

解約違約金は2パターン

  1. 2年契約:10,450円(税込)
  2. 2年契約N:1,100円(税込)

*2年契約は2019年12月で新規受付終了

(参考:au2年契約, au2年契約N )

2年契約の更新期間(3ヶ月間)に解約する場合は違約金は発生しません(参考:au)

自分の加入するプラン・更新期間は、Myauから確認できますよ。

ログインページはこちらです。

こんどう

できる範囲で解約違約金の金額を抑えたいですね

スマホの残債は?

スマホの残債は、解約しても支払いは継続します。

申し出れば、残債全額を一括清算することもできるようです。

(au通信サービス解約通知書より)

是非相談してみてくださいね。

残債は継続か、一括清算

au解約月の料金は日割りではないので注意

auは解約日に関係なく、まるまる1ヶ月分の利用料金が請求されます。

つまり、月末まで使ってから解約する方がお得ですよね。

自分にとってできるだけ損のないように、解約日を決めておくといいですよ。

使っていたSIMは返却不要

SIMが気になって店員さんに聞くと「返却は結構です」と返答が返ってきました。

キャリアのSIMは返却が不要なのです。

こんどう

そういえば、他のキャリアのときもSIM返却不要でした

au解約前にするべきことは6つ

  1. SIMロック解除を済ます
  2. メールアドレスの変更
  3. au解約違約金を調べておく
  4. auID関連
  5. au解約違約金を調べる
  6. 他のauサービス料金との併用割引

SIMロック解除

SIMロックは解除しておくのがおすすめです。

解約前に手続きしたほうが手間が少なくてすみます。

参考記事)auSIMロック解除はWeb手続きで無料|手順•注意事項•条件•おすすめのタイミング

SIMロックとは?

スマホの設定で、契約した通信会社のSIMのみ通信できるようにした設定

(参考:UQモバイル

auSIMロック解除しないデメリット

auで買ったスマホは、auのSIMロックがかかっています。

SIMロックがかかったままだと、他のキャリアのSIMを入れても通信できません。

SIMロック解除しないと、解約後の通信会社の選択肢が狭まるデメリットがあります。

メールアドレスの変更

auを解約すると「@ezbeb.ne.jp」などのメールアドレスは使えなくなります

各種サービスに登録をキャリアメールに設定している方は、要注意。

そのままにしているとアカウントが使えなくなる可能性もあります。

au解約前にメールアドレス(Gmailなど)を変更しておきましょう。

こんどう

LINEアカウントのメールアドレスは見落としがちです。見直してくださいね

au解約前にメールアドレスの変更

auID関連

Myauは、au契約中は電話番号と暗証番号(4桁)でログインできます。

解約後は、auIDはメールアドレスになりますよ。

暗証番号は解約後にも必要なので、覚えておいてください。

(au解約後、Myauアプリにログインするときにも使います)

au契約中にやっておきたいこと

こちらはぜひやっておきましょう。

  • My auアプリをインストール・ログイン
  • auIDとPontaカードの連携

Myauアプリにログインしておくと、解約後もできることはあります

  1. auIDの会員情報の変更(auID•パスワード設定など)
  2. au請求金額の確認(過去分・解約分も)
  3. auを解約してもPontaポイントが失効しない(Pontaカードとの連携必須)

au解約違約金

解約金は、前述した通り加入中の2年契約プランによって異なります。

加入しているプラン・更新期間は、Myauから確認しましょう。

Webログインページはこちらです。

au解約違約金は2パターン

  1. 2年契約:10,450円(税込)
  2. 2年契約N:1,100円(税込)

(参考:au2年契約, au2年契約N )

2年契約Nに変更してからがお得

他のauサービス料金との併用割引

他のauサービスと合わせてau回線を利用している方は、割引がなくなります。

他のauサービス

  • au回線(家族割)
  • auひかり
  • auでんきなど

お使いの場合は確認しておくと安心ですね。

まとめ

今回はauを解約したときの話をしてきました。

解約するのに必要なもの、当日の流れ、解約前に確認することもみてきました。

事前の準備は抜かりなく、損のないように解約を進めてみてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA