FP

FP試験の電卓|300円電卓を100均で発見!買ってレビューしてみる

FP試験電卓。なるべくお金をかけたくない。そうと思うと100均の電卓は候補の一つになると思います。

100円の電卓はなんとなくイマイチ?と予想する方も多いと思います。しかし、100均の高級ラインの300円電卓は?と思いませんか。

一目見た時、試してみたい好奇心が抑えられずに買ってきてしまいました。

本記事では、好奇心だけで買ってしまった300円電卓をチェックポイントを外さずにレビューしていきます。下記に該当する方のお役に立てる内容になっています。お付き合いいただければ幸いです。

300円電卓のココが知りたい
  1. 300円電卓はどんな仕様?
  2. 試験の持ち込みはOK?
  3. 使いやすい?使いにくい?

参考記事「FP試験の電卓|100均で大丈夫?電卓購入してレビューしてみる

300円電卓の仕様

概要

商品名:LARGE BOTTON CALCULATORー数字が大きめの電卓ー

表示:8桁

傾斜:あり(調整不可)

電源:ソーラー/電池併用タイプ(電池交換不可)

機能:演算機能/メモリー機能/√/%

外寸:14.3×10.8cm

液晶は8桁表示、数字は大きくて見やすい!
液晶の角度
キーボードは凹凸がはっきり
裏面
こんどう

なかなか良さそう♪

FP試験に持ち込める?

最初に申し上げますと、こちらの300円電卓試験の持ち込みできます。この300円電卓のように、スタンダードでシンプルな機能でしたら、ほぼほぼ大丈夫と思って問題ありません。

詳しく知りたい方は下記の条件を確認しておくと安心です。(下記参考元は日本FP協会のページ)

イ.電源内蔵のもの(そろばん不可)

ロ.演算機能のみを有するもの。

※ 使用可………√・%・定数計算、消費税に係る税込・税抜、
売上に係る原価(MD)・売上・売価(MU)・利益率、日数・時間計算、
マルチ換算についてのキー、メモリー(M)機能(計算結果を1つだけ記録できるものに限る)、GTキーのあるもの。

※ 使用不可……関数機能〔Σ(シグマ)・log 等〕・ローン計算・複利計算・紙に記録する機能、音〔タッチ音・音階・音声等〕を発する機能、プログラム(計算式)の入力(登録)機能、計算過程をさかのぼって確認できる機能等を有するもの。

ハ.数値を表示する部分がおおむね水平で、文字表示領域が1行であるもの。

ニ.外形寸法がおおむね26㎝×18㎝の大きさを超えないもの。

引用元:日本FP協会公式ページ
300円電卓は・・・

イ.電卓内蔵品→クリア!

ロ.演算機能、√、%、メモリー機能のみ→クリア!

ハ.角度あり、おおむね水平、1行表示→クリア!

ニ.14.3×10.8cmでおおむね26㎝×18㎝”をクリア!

見やすさは完璧。使い勝手は・・

数字も見やすいし完璧。キーが押しやすくて300円だったら、神かよ。お会計を済ませ、自宅に戻りパッケージを開けて直に電卓を叩いてみると「あれ・・・・期待していたのと違う」となりました。期待していたのに残念。

あれ・・となった理由は、キーが硬いことでした。そう、つまり電卓としての使いやすさは△です。

キーが硬いとよくない理由

あなたが電卓を使う場面は、どんな時ですか?

試験や家計簿に使うなど、スピーディに計算したい場面に使うことが多いのではないでしょうか。その場面で電卓のキーが硬いとなると、出遅れますし、手が疲れますし、何よりストレスになります。やはり300円電卓は「試験用途」としてはお勧めできません。どうせなら電卓くらいノンストレスで過ごして欲しいです。

電卓はキータッチが命。試験用として考えるならば300円電卓ではなく、予算が許すなら1000円以上の電卓を検討する方が賢明です。

その他の気になること

他にも気になった点があるのでまとめておきます。

気になった点
  1. キー構成が独特
  2. 滑り止めがない
  3. 電池交換できない

独特なキー構成

300円電卓は「+」の位置が独特です。従来のものより小さい作りになっています。

従来この電卓のように「+」は縦長になっていることが多いと思います↓

従来の電卓画像

けれど300円電卓は違う。「+」キーが従来の電卓と比べると半分の大きさです。これは独特と感じる人も多いでは?そして、使いにくいな・・となってしまう可能性があります。(参考:下記画像)自分の場合は落ち間違えしてしまいそうに感じました。

300円電卓画像
300円電卓の「+」画像

滑り止めがない

電卓の滑り止めがないことは、100均の電卓あるある。こちらの300円電卓にも、ゴム製の滑り止めはついていません。下2箇所にゴムの滑り止めではなく、スポンジが貼り付けられていました(写真参照)。

想像通り、力の掛ける方向によっては盛大に滑ります。そのため、滑り止めがない点は使いずらいと感じてしまう残念ポイントです。

300円電卓裏面
裏面の写真

電池交換できない

残念ですが、こちらの電卓電池交換できません。なので、電池が切れたら、ソーラー電池のみで動く仕様になっています。参考までにお伝えすると、100均電卓は電池交換可能な機種がほとんどなので、こちらの300円電卓は残念な仕様になっています。

300円電卓 電池交換はできません

300円電卓はおすすめ?

300円電卓は試験の持ち込みにはおすすめできません。そして日々使う電卓にも個人的にはおすすめできないのが正直なところ。電卓は一度買ったら長く使うものなので、使い勝手のよい電卓を検討するのがおすすめですよ。

300円電卓を検討してもいい人

個人的にはあまりおすすめしない300円。しかし、300円でも電卓は電卓。電卓の機能はしっかりと備えています。足し算引き算掛け算割り算ができれば、OK。と思うなら、十分検討の余地がある商品です。

キッチンで使うので気にしない、すぐに壊れても惜しくない、子どものおもちゃがわりに使わせる、などの用途にも活用することもできます。

私はせっかく購入したので、ときどき触って触って活用していきたいと思います。

試験持ち込むならCASIOやSHARP製がおすすめ

試験の電卓はCASIO、SHARPの大手メーカーを選んでおくと後悔はありません。なので、電卓で迷ったら、この2メーカーで検討するのがおすすめです。

こんどう

私はCASIOが好きです

まとめ

今回は好奇心で購入した300円電卓のレビューをしてきました。結論試験の持ち込みには不向きです。

これから電卓を検討されるならCASIO、SHARPあたりから選んでおけば後悔することはないと思います。ご自身に合った電卓を選んでFP試験頑張ってください。試験合格できるように陰ながら応援しています!

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA