副業

【iPhone/safari】ポイントサイト利用前にチェックする設定は8つ!

iPhoneポイントサイト経由したのに、ポイントが反映されなかったことはありませんか?実は私も失敗した経験があります。

この記事では、ポイントサイトのポイント通帳(広告利用履歴)に正しく反映されない悲しいことが起こらないように、広告利用前に確認すべきiPhoneの8つの設定をまとめました。

あなたのポイ活にお役立てください。

iPhone設定手順は8つ

  1. iOS最新版にする
  2. iCloudプライベートリレー(ベータ版)はオフ
  3. コンテンツブロッカーをオフ
  4. 【サイト越えトラッキングを防ぐ】オフ
  5. 【IPアドレスを非公開】オフ
  6. 【すべてのCookieをブロック】オフ
  7. Java Scriptを有効化
  8. ブラウザの履歴を消去する
参考にしたリンク

参考記事)Apple StoreでiPhoneを安く買う方法|Apple初売りとポイントサイト経由

iOS最新版にする

①最初にバックアップをとり、次に②最新iOSをインストールという順番で進めます。

  1. バックアップの方法:ホーム画面>設定>AppleID>iCloud>iCloudバックアップ>今すぐバックアップを作成
  2. 最新iOSにする方法:ホーム画面>設定>一般>ソフトウェア•アップデート(画像3)

(参考:Apple公式

画像1
画像2
画像3

【iCloudプライベートリレー(ベータ版)】オフ

プライベートリレー機能とは
  • プライベートリレー機能は新しくリリースされたセキュリティ機能
  • 詳細:Webサイト・インターネットプロバイダー側からユーザーの情報を得られなくすることができる
  • 効果:ウェブサイト側から①誰が訪れているのか②どのページにアクセスしたのか把握できなくなる

(参考:Apple)

手順

設定>Apple ID>iCloud>プライベートリレー(ベータ版)をオフ

プライベートリレーONにしておくと、ポイントサイトで利用した広告履歴が残らなくなる恐れがあります。

念のため、ポイントサイトを訪れる前にオフになっているか、見ておくと安心です。

コンテンツブロッカーをオフ

コンテンツブロッカーとは

Webサイトに表示される広告を非表示にするアプリです。広告が非表示にななり、Web閲覧が非常に快適になるメリットがあります

コンテンツブロッカーOFFにする手順

  • ホーム画面>設定>Safari>拡張機能>オフ

コンテンツブロッカーを有効にしておくとWebサイトを見るときには確かに快適です。

しかし、ポイ活に限ってはコンテンツブロッカーはデメリットになります。理由は、広告が正しく表示できなくなる点にあります。

ポイントサイトを利用する方は、常にコンテンツブロッカーはオフか、アンインストールの方何かと便利かもしれません。

コンテンツブロッカーを有効するとどうなるか

経験談ですが、コンテンツブロッカーを有効のままポイントサイトを訪れると「このページは表示できません。」とエラーが出ます。

解決策は設定をやり直してもう1度サイト訪問する、これでOK。一度失敗してもやりせますので、安心してください。

【サイト越えトラッキングを防ぐ】オフ

手順

ホーム画面>設定>Safari>【サイト越えトラッキングを防ぐ】オフ

「サイト越えトラッキングを防ぐ」はiPhone(Safari)のプライバシー保護機能の一つ。ポイントサイトでよく目にす「ITP設定」はこのことです。

サイト越えトラッキングを防ぐとは、私たちがインターネットで残った足あとをウェブサイトを作った人や企業から追跡させない機能です。

この機能を有効のままポイントサイトを利用すると、私たちがポイントサイトから企業/広告主サイトに移動したことの確認ができなくなります。広告が非承認になる確率が高まります。

なので、ポイントサイトを使うとき「サイト越えトラッキングを防ぐ」はOFFにしておいてください。

こんどう

これで50%完了です!!

【IPアドレスを非公開】オフ

IPアドレスとは?

インターネット上でスマホやパソコンに割り当てられる番号のこと。

「どのデバイスからインターネットアクセスがあったか?」を識別するために利用されています。

IPはインターネットプロトコールの略語

手順

ホーム画面>設定>Safari>IPアドレス非公開(画像1)>オフを選ぶ(画像2)

現時点で「IPアドレスを非公開はオフ」が推奨です。

ポイントサイトワラウの”ワラウガイド”で「IPアドレスを非公開」をオフ推奨が明記されています。

ポイントサイト利用されている方は「IPアドレスを非公開」は「オフ」に設定がおすすめです。

特にiOS最新版にアップデート直後はIPアドレス非公開に「トラッカーから隠す」が選択されている場合があるようです。

ポイントサイト利用前に【IPアドレスを非公開】が【オフ】になっているかチェックしておきましょう。

【すべてのCookieをブロック】オフ

Cookieとは?

Cookieは私たちがWebサイトを訪れたときに、Webサイトに残される情報。私たちがサイトを訪れた証拠とも言えます。

手順

設定>Safari>【すべてのCookieをブロック】をオフ

例えば、あなたが訪れたサイトに再度訪れたときに閲覧履歴やログイン情報が残っていた経験がありませんか?

具体例を出すと、Amazonでお米を検索したら閲覧履歴や”あなたへのおすすめ”で関連した商品が出てくるという具合です。

この便利な機能はCookieが有効に働いているおかげ。(参考:Google Chromeヘルプ

ポイントサイトはCookieの仕組みを利用するので、iPhone側の設定で”Cookieを受け入れる設定”にしないといけません。

しかし残念ながらiPhoneは、Cookieの役割をブロックしてしまう設定があります。

もし、Cookieブロックの設定でポイントサイトを利用すると、ポイントサイトから広告を利用した履歴が残らないため、利用成果が非承認になってしまいます

そのため、ポイントサイト利用前には必ずCookieを受け入れる設定にしておいてください。

JavaScript有効

JavaScriptはデフォルトは有効になっています。毎回する必要はないですが、機種変更時などは念の為確認しておくと安心です。

手順

設定>Safari>詳細>JavaScriptが有効か確認

こんどう

次で最後です!がんばってください

直前【履歴とWebサイトデータを消去】

手順

設定>Safari>「履歴とWebサイトデータを消去」

上記の手順をうっかり忘れてしまうと、古いデータだけが残り最新のポイントサイトを経由して広告サイトへ行った履歴が残りません

そして、ポイントが付かないという事態が起きてしまいます。

せっかく頑張っているポイ活。必ず【履歴とWebサイトデータを消去】してからポイントサイトを利用してくださいね。

Cookie削除すると他サイトのログイン情報も削除されます(例: Amazon,楽天アカウントなど)

そのため、パスワード管理にご注意ください。

こんどう

これにて終了です!お疲れ様でした

まとめ

ポイントサイトを利用したのにポイントがつかない・・ということがないようにポイントサイト利用するあなたはは、チェックしておくと安心です。

見るところは全部で8つありますが、一つ一つは難しくありません。かかる時間は1〜2分で終わるので、ささっとやってしまいましょう。

iPhoneで快適に、ポイ活を楽しみたいですね。ぜひお役立ていただけたら幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA